ophiuchus

ほぼ生存ping状態w

<< spam日記 | main | spam日記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
マウス修理
JUGEMテーマ:コンピュータ


最近またまた...(以下略)インテリマウスエクスプローラーの調子が悪くなりました
どーもまたスイッチがダメになったらしく1クリックしかしていないのに2クリック以上が入力されてしまうことに
前回は交換して貰ったんですけどまた同じ現象が発生し始めてこの際だから修理しちゃおうという事で
やっちゃいました
まぁ 保証切れの旧インテリマウスエクスプローラー3.0(本体がシルバーの方)は以前にも記事にしてたりしましたが
新しい方(本体がメタリックグレーの方)も基板設計とか部品選定は基本的に変わっていませんでした
そこらが変わっていないと言う事は同じような所が壊れやすいとゆー事にも繋がって...
やはりと言うか何というか基板にホイールがこすれるのとスイッチがへたりやすいという不具合も継承してました

ホイール関連の不具合と修正方法に関してはこちら

なお、以下に書いてある作業をされた場合保証が受けられなくなります
また、この記事を読まれ作業をされた結果故障してしまっても当方は一切責任を取りませんのであしからずご了承下さい
以下の改造を行った場合ダブルクリックを今までと同じ速度でして居るのに認識されない等の弊害が発生するおそれがあります
(今回は記事にする予定が当初無かったため改造作業中の写真はありません)

必要な工具と部品

必須
半田ごて
+ドライバー
ラジオペンチ
ピンセット
ニッパー
0.1μFのセラミックコンデンサ(スイッチの数だけ)

有ると便利な物
基板固定用治具(ヘルピングハンズ)
ハンダ吸い取り機orハンダ吸い取り線
使い古しの歯ブラシ
ミニ4駆用などのグリス

追加作業を行う場合
マイクロスイッチD2F-01F-T
ヤスリ

分解方法はそれほど難しくないので省略します(過去記事に記載有ります)

上カバーとケーブルを外すとスイッチが5つ見えるようになります



次にネジ2本で中央の基板が固定されていますのでそれを外してください
下(手前側にあるLEDだけが付いた基板)は固定されていません
上の3つスイッチが付いている基板はツメで固定されています
ツメを折らないように慎重に取り外してください
またこのタイミングで基板とホイールの干渉が発生している場合はヤスリ等で干渉部分を削り落とすと良いと思います

次にコンデンサの取り付け位置ですが左右クリック用のスイッチに関しては有る程度の余裕があるので
簡単に取り付けができると思います
ホイールクリック用(写真では上部中央)だけはホイールのシャフト保持用の支柱などが邪魔になって
取り付けがしにくくなっています

スイッチの裏を見ると3本の足が見えると思います



1と2の間は押しているときのみ繋がります
この部分にコンデンサを並列に繋いでやることによりチャタリングを回避します

使用するコンデンサはサイズが小さい物を使用しないとケース内部や稼働部品と干渉することがあります
私の場合はパスコン用として購入した物を使用しました



スイッチを交換する場合は3本全て 交換せずにコンデンサを追加する場合は1と2の足の部分のハンダを一度除去します
(ハンダ吸い取り機などがない場合はそのまま次へ)

コンデンサの足をスイッチの足のサイズに整形し短くカットしてください

他に干渉しない位置でスイッチの足にコンデンサを半田付けしてください

半田付けが終わったら組み立てますがその際には本体内部やホイールなどに付いている汚れを歯ブラシなどで落とすと良いでしょう
インテリマウスエクスプローラー3.0の場合ですがセンサー部分には透明なプラスチックレンズが有ります
これは中央の基板にある小さな穴で位置を固定しているだけですので基板固定時は位置合わせを確認してください

またホイールの軸や受け部分にはグリスが付いていますが埃や髪の毛などが巻き付いていることが多いので
古いグリスは綺麗に落として薄めにグリスを塗っておくと滑りが良くなります

基板を固定しホイールを付けた後は一度ケーブルを接続し動作をチェックしてみてください
もしスイッチが押しっぱなしになっている場合は1と2の足の間がハンダで繋がってしまっていることがあります
動作不良がない場合はカバーを付けて修理完了となります


以下は各手工具や部品等を購入出来るショップなどへのリンク

セラミックコンデンサ 0.1μF
共立エレショップ
秋月電子

マイクロスイッチ D2F-01F-T(ピン形状が微妙に違うD2F-01Fでも可)
オムロンFAストア(受注生産品のため納期が2〜3週間)
チップワンストップ(標準在庫品以外の為、最小購入個数が多くなるのでオムロンFAストア推奨)

基板固定用治具(ヘルピングハンズ)
共立エレショップ

ハンダ吸い取り機・吸い取り線
共立エレショップ
オムロンFAストアは個人で登録が可能です。
チップワンストップは個人事業主・営業目的での個人利用になってしまいますので標準在庫品以外の場合、敷居がぐっと高くなってしまいます。(最低購入可能数が数十とか百とかの単位になることも)

またD2F-01FとD2F-01F-Tのピン形状を再度確認してみましたが
D2F-01Fはピンがまっすぐになっている
D2F-01F-Tは各ピンの根本が微妙に左右に曲げてある
の違いでした。
のでどちらを使用しても半田付け後の使用感には変わりはありません。
D2F-01F-Tを使用した場合、基板の穴に差し込んだだけの時に曲げてある各ピンが引っかかり基板から抜けにくくなるようです。
半田付けに慣れていない方はD2F-01F-Tを使用した方が曲がってしまうなどは回避出来るかも
ぐらいの考えで良いと思います。
(ちょっと熱いかも知れませんが指で押さえながら1ピンだけ半田付けしてしまえばD2F-01Fでも簡単に付けられるはずです)


4/7 you様のコメント指摘により記事修正/追加しました
ありがとうございます。
| ophiuchus | Hardware/Software | 02:34 | comments(14) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:34 | - | - |


はじめまして。youと申します。
インテリマウスの左・マイクロSWが不良となり早速、通販ショップでD2F-01F-Tを探しました。

ところが、D2F-01Fは売っているのですがD2F-01F-Tはどこにも在庫が見つからなかったです。

そこでWEBで検索したところ、こちらで「オムロンFAストア」のリンクを表示して戴いていましたので、無事注文できました。

ただ、D2F-01F-Tは通常在庫しているパーツではなく、受注生産だそうです。
そのため、納期は2〜3週間だそうです。

チップワンストップにも問合せしましたが上記、理由によりある程度まとまった量の注文で受付になるとのことでした。
実際に数個単位で、発注できるのは「オムロンFAストア」のみの様ですのでチップワンストップは「原則として業者への卸販売」と書いていただいた方が良さそうです。

いまは、エレコムマウスを応急で使っていますが、私にはインテリマウスが一番しっくりくるのでスイッチがくるのが待ちどうしいです。

こちらのWEBは大変参考になりました。ありがとうございます。
| you | 2010/04/06 1:39 AM |

you様

参考になったとのことでなによりでした
私が以前オムロンより購入した時はFAストアになる前でしたので標準在庫より外れてしまったのかも知れません(記憶が曖昧ですみません)
チップワンストップの件ですが情報ありがとうございます。
記事変更しておきます。
また オムロンのサイトにてD2F-01F-TとD2F-01FのCADデータを確認しましたが殆ど違いがないようです。
(コンデンサを追加したことの効果もあり当分交換する必要が無さそうなのとまだ手元に数個の新品があるため実物を見ていないので断言出来ません)
| ophiuchus | 2010/04/07 12:57 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/06/13 1:49 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/06/20 11:43 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/06/27 1:45 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/07/02 1:06 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/07/12 12:28 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/07/17 6:21 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/07/25 4:16 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/10/09 10:23 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/10/22 7:47 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/11/01 12:50 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/12/26 2:49 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/01/16 10:03 AM |










http://ophiuchus.jugem.jp/trackback/2135

このページの先頭へ