ophiuchus

ほぼ生存ping状態w

<< spam日記 | main | VMwareとFedoraCore6の覚え書き その4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
VMwareとFedoraCore6の覚え書き その3
VMwareとFedoraCoreを使ってLinux環境を構築する手順 その3

VMwareToolsをインストールする事により以下の機能が追加されるようになります
ホストOSとゲストOS間のマウスのシームレス移動
640*480と800*600以外の解像度の選択


インストールする場合は以下の作業を行ってください。
TAR−GZ形式を解凍できるソフトを使用してください。
ダウンロードしておいたVMware-workstation-5.5.3-34685.tar.gzからlinux.isoを抜き出します。
(¥vmware-distrib¥lib¥isoimages¥ に入っていました)
FedoraCoreを起動している状態でイメージをマウントするとCDが表示されます。
VMwareTools-5.5.3-34685.i386.rpmが有るはずですのでダブルクリックをしてインストールします。
WindowsXPを利用している方なら一度は見た事があると思うドライバに署名がないので〜の表示があると思いますがそのまま続行してください。

インストールが終わった後に以下の作業をします。

メニューからアクセサリ→GNOME端末を起動
コマンドプロンプトが出たら「su -」と入力しrootパスワードを入力
コマンドプロンプトが[ユーザー名@localhost ~]$から[root@localhost ~]#に変わります

1.xorg.confの変更
この作業をしないと次のステップで行った作業が保存されず再起同時にXがエラーを出して起動しなくなります。
gedit と入力しgedit(テキストエディタ)を起動します。
開くを押して場所をファイルシステムにし、右側の一覧からetcを選択
X11を選択
xorg.confを選択して開く
一番下に以下2行の記述を追加
Section "Monitor"
EndSection

上書き保存してエディタを終了してください。


ここから先の作業は何度か繰り返す、エラーが出たら他の作業をして再度エラーになった作業をする、再起動をする 等の手順が必要になる場合があります。
また 書いてある手順通りにしても進まない 等の場合もあり得ます。

2.VMwareToolsを使えるようにする

必要な作業一覧
yum install gcc
uname -r
yum install kernel-devel


カーネルのバージョンが異なっている場合は
yum -y upgrade kernel kernel-devel


上記の作業が全て終了したら次に進んでください。

3.VMwareToolsを起動し解像度を変更する
vmware-config-tools.pl


What is the location of the directory of C header files that match your running kernel?[/usr/src/linux/include]
と表示されCヘッダのファイル位置を聞かれた場合、私の環境では以下のようにして実行しました。
/usr/src/kernels/2.6.20-1.2925.fc6-i686/include

1〜13の解像度の選択肢が表示されるので表示したい解像度の番号を入力
例:1024*768の場合3

コマンドプロンプトに戻ってきたら
exit
ユーザー名にプロンプトが変わったらもう一度
exit
でGNOME端末が終了します。

この方法以外で解像度やグラフィック関連の設定変更をするとXがエラーを出して起動しなくなります。
もし、変更をしてしまったりしてXが起動しなくなった場合は1と3の作業を行いましょう。
デフォルトで設定されている物以外に変更するのはやめておいた方が良いでしょう。
(システム−設定−画面の解像度・システム−管理−ディスプレイ)

4.マウスのシームレス移動
マウスのシームレス移動をさせるには以下の作業をします。
メニューから システム→設定→他の個人設定→セッション→自動起動するプログラムタブ→追加
で自動起動のコマンドに
vmware-toolbox
と入れOKを押してください。
これで次回起動時よりマウスのシームレス移動が可能になります。
但し常に画面内にプロパティ設定画面が出てきます。
×で閉じてしまうとシームレス移動が出来なくなってしまいます。

また 閉じてしまった場合に簡単に起動させる方法は次のように
デスクトップで右クリックをしてランチャの作成
名前は分かりやすいものに
コマンドに vmware-toolbox と入れOKを押すとデスクトップにランチャ(ショートカット)が作成されます。

4/1 誤字修正
| ophiuchus | Hardware/Software | 02:43 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:43 | - | - |


当方、linux初心者ですが、おかげさまで、無事vmware&fc6のインストールが出来ました。大変丁寧で素晴らしい記事ですね、とても参考になりました。本当にありがとうございます!

1点だけ、xorg.confの設定文で、

Section "Minitor"

とあるのは、

Section "Monitor"

のタイプミスですね。

こちらも、ご参考にされたサイトへのリンクを張られていたおかげで、気づきました。ちょくちょく遊びに来ますね〜^^
| shiozy | 2007/03/31 7:18 AM |

>shiozyさん
おっとぉ 誤字の指摘ありがとうございます
早速修正しておきました。
いやぁ なかなか難しい物ですねぇ Linuxって
私の場合まずはとりあえずどんな物か触ってみよう って感じでしたのでなかなか次のネタが出せるかどうか不安ですが...
個人的にマイクロサーバー辺りで何かしようかなと思っていましてまずはそれの練習って所ですかね
最初はrootへのなりかたすら分かりませんでしたしw
| ophiuchus | 2007/04/01 12:51 AM |

>ophiuchusさん

早速の修正ありがとうございます。
linuxって難しいですねぇ、僕もメインはwindowsを使っているので、コマンドに慣れるまでに手間がかかりそうです…

サーバーですかぁ!すごいですねぇ☆
僕もゆくゆくはサーバーを構築したいのですが、いつになることやら…^^;

ophiuchusさんの背中を見て、頑張りますね〜☆
| shiozy | 2007/04/01 4:31 AM |










http://ophiuchus.jugem.jp/trackback/1137

このページの先頭へ